FHF32EX-N-H型の蛍光灯を用いれば節電が可能です

FHF型の蛍光灯は従来の蛍光灯より節電効果に優れているそうですが、具体的にはどの程度の節約が可能なのでしょうか?私はその点を疑問に思っていると、友人は私がFHF32EX-N-H型の蛍光灯を購入した電気屋の店員と少し話をして私のもとに戻ってきました。

手には何かの資料を持っています。

「君がこのお店で買ったのはFHF32EX-N-H型の直管蛍光灯だったね。

ワット数が違って良ければ従来の蛍光灯と比較したときのFHF型の蛍光灯の省エネ効果を説明出来るよ」どうやら友人は私の疑問に答えるためにわざわざ電気専門店の係の人に詳細を尋ねてきたようです。

私はその心遣いに内心頭を下げました。

「勿論構わないよ。

面倒をかけてすまないね」「イヤ気にしないでくれ。

僕もFHF型蛍光灯の効用は知りたいと思っていたからね。

それで蛍光灯を約6000時間使用した場合の電気代を比較してみようと思うんだ」「どうして6000時間なんて数字を持ってくるのかな?」「6000時間がだいたい蛍光灯の定格寿命になるんだよ。

だからこの時間で電気代を比較するのが合理的なのさ」友人の説明に私は納得しました。